ロングスリーパーになる原因や改善方法を探る!実は天才に多い?

image1428
1日10時間もの睡眠が必要な人をロングスリーパーと言います。

過眠症とは違って体質的に長く睡眠をとらなければいけない人たちのことを指すようです。

長く睡眠をとらなければならないとなると現代社会で生きづらそうなイメージがありますが、ロングスリーパーには天才も多いと言われています。

なぜロングスリーパーは長く睡眠をとらなければいけないのでしょうか?

その原因や改善方法について探ってみましょう。

Sponsored Link

ロングスリーパーと言われる有名人

image1429
ロングスリーパーと言われる人たちには以下の有名人たちがいます。

・アインシュタイン

・ミハエル・シューマッハ

・白鵬

・石原慎太郎

・ペネロペ・クルス

・イチロー

いずれも一つの分野を突き詰めて成功を収めた人たちですね。

なぜロングスリーパーに天才が多いのかというと普通の人に比べて落ち着いて物事を考える傾向があるからと言われています。

不安なことや困難にじっくり考えて取り組むんですね。

そのためとことん突き詰める仕事に向いていると言われており、逆に人付き合いの多い仕事は苦手と言われています。

Sponsored Link

 

ロングスリーパーになる原因とは?

image1430
ロングスリーパーになる原因としては遺伝やストレス、加齢などが挙げられます。

 

遺伝

人間の睡眠時間は生まれた時点である程度遺伝により決定されているようです。

両親やあるいはそれ以前の先祖がロングスリーパーであればその遺伝を受け継いだ人もロングスリーパーになります。

 

ストレス

ロングスリーパーになる原因の一つはストレスを溜めやすいからだと言われています。

起きている間に受けたストレスによってダメージを受けた脳を回復させるために長い睡眠を取る必要があるというわけです。

 

加齢

高齢になってからロングスリーパーになる人もいます。

長い睡眠を取るのはホルモンバランスを調整することが理由の一つです。

高齢になれば普通は睡眠時間が短くなりますが、中には加齢によりホルモンバランスが乱れ睡眠時間が長くなる人もいます。

 

ロングスリーパーの改善方法

image1427
ロングスリーパーは遺伝を要因とするものなので完全に治療するには限度があります。

ただし遺伝以外の要因で睡眠時間が長くなっている場合はある程度改善することが可能です。

睡眠の質を上げたりストレスを溜めすぎないようにしましょう。

睡眠の質を上げるには以下の方法が有効です。

・寝る前に入浴する

・カフェインの摂取量を減らす

・スマホやPCを寝る前に見ない

 

まとめ

ロングスリーパーは先天的に長く睡眠をとらなければいけない体質の人たちのことです。

じっくり考え物事に慎重に取り組み、とことん突き詰める傾向があるため天才の人が多いと言われています。

ロングスリーパーになる原因は主に遺伝ですが、ストレスの回復やホルモンバランスを調整することもその理由です。

改善するためにはなるべくストレスを溜め込まない生活を心がけ睡眠の質をあげる必要があります。

ロングスリーパーの人は質の良い睡眠をとってあまりストレスを抱え込まないようにしましょう。

ぐっすり眠っていい夢が見れるといいですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ