興信所とは?探偵との違いは?料金の相場はどのくらい?

image1436
探偵といえば名探偵シャーロックホームズのように刑事事件の犯人を捜す職業というイメージがあります。

しかし実際は家出した家族の捜索や配偶者の不倫・浮気の調査などがメインの仕事のようですね。

ところで探偵事務所と似たような事業を行っている興信所というものをご存知でしょうか?

探偵も興信所も調査を生業とする職業のようですが両者はどのように違うのでしょうか?

料金の相場と一緒に見て行きましょう。

Sponsored Link

興信所とは?

image1438
興信所とは個人や企業の信用について調査する事業所のことをいいます。

個人の調査としては浮気調査や身元調査、人探しなど、企業の調査としては与信調査や信用調査が挙げられます。

企業調査を得意とする有名な興信所が帝国データバンクです。

調査するといっても一定の例外を除き、調査する際は対象者に通知しなければいけません。

 

興信所と探偵との違いは?

image1439
興信所と探偵はいずれも調査を生業とする職業で取り扱う案件に関してそこまで大きな違いはありません。

あえて案件における違いを指摘するなら興信所は企業向けの調査を得意とし、探偵は個人向けの調査を得意とする傾向があります。

ただし最近では個人向けの調査を得意とする興信所もあれば、企業向けの調査を得意とする探偵事務所もあるのでやはり案件の観点から両者に大きな特徴の違いはないと言えるでしょう。

法律的にも2007年施行の業法によって興信所も探偵事務所も探偵業者とみなされるようになったため、やはり違いはありません。

取扱案件に特に違いがないにもかかわらず、いまだに興信所を名乗っているのは単に経営者が以前は興信所に勤めていたり、広告宣伝上の都合があるようです。

一般的に興信所という名称の方が社会的な認知度が高かったり、高齢者向けに通りが良かったりするといわれています。

Sponsored Link

 

料金の相場はどのくらい?

image1440
料金に関しても興信所と探偵に違いはありません。

調査依頼にかかる料金は業務内容によって異なります。

興信所の業務のメインは尾行、張り込み、聞き込みなど人的なものなので、人件費が料金の大半を占めます。

その他かかる料金としては人探しが成功した場合の成功報酬や報告書作成の手数料、その他もろもろの諸経費、着手金などです。

興信所の調査にかかる料金の相場は各事務所ごとにマチマチです。

相場としては日本調査業協会によるアンケート調査を参考にしてみましょう。

以下が調査の結果です。

料金は調査員2名につき1時間あたりのものを示しています。

・1.0万円〜1.5万円…24%

・1.5万円〜2.0万円…28%

・2.0万円〜2.5万円…36%

・その他…12%

安いところで1万円、高いところで2.5万円くらいが相場のようです。

料金の単位が2名なのは大抵の場合2名1チームで依頼に当たるためで、2名単位の料金が業界でのベースになっています。

 

まとめ

興信所は企業や個人の調査を請け負う機関です。

探偵との違いとして以前は、探偵は個人調査、興信所は企業調査がそれぞれ得意とされていましたが、近年ではその違いは曖昧になりつつあります。

料金としては調査員2名を1時間につき安いところで1万円、高いところで2.5万円程度が相場のようです。

人を探していたり、企業のことについて詳しく調査したいという方は興信所に依頼してみるのも一つの手かもしれません。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ