エレベーター内に鏡があるのはなぜ?実はちゃんとした理由があった!

image1442
大型のショッピングモールなどでエレベーターに乗り込むと長くて大きな鏡が設置されているのに気づきます。

この鏡、なんのためにあるのか不思議に思いますね。

自分の髪型や服装の身だしなみを整えることに利用している方も多いのではないでしょうか?

あるいは防犯用にあると考えている方もいるかもしれません。

実は、鏡の向こうには防犯用の監視カメラがあるとか・・・?

でも、そうではないのです。

鏡が設置されているのには他にちゃんとした理由があるのです!

エレベーター内に鏡がある理由について見ていきましょう。

Sponsored Link

エレベーター内に鏡がついている理由

image1444
エレベーター内に鏡がついているのは実は車椅子の人のためなのです。

車椅子に乗っている人はエレベーターに入ると扉に背を向けたまま目的の階に着くのを待ちます。

そして目的の階に着けば降りようとしますが、狭いエレベーターの中では小回りの利かない車椅子は回転することができません。

そのため扉に背を向けたままバックで降りることになりますが、このとき困るのが後方を確認できないことです。

しかしエレベーター内に鏡があれば車椅子の人でも後方を確認しながら降りることができるのです。

このようにエレベーター内の鏡は車椅子の人がエレベーターから降りやすいように設置されたバリアフリーの一環なのです。

Sponsored Link


鏡の設置は義務

image1445
エレベーター内に鏡を設置することは一部で義務付けられているようです。

駅などの公共交通機関のエレベーターにおいては鏡を設置することが省令に定められています。

また通常の建物についても法律や省令による定めはないものの、地方公共団体の条例によって設置されることが定められていることがあるようです。

またエレベーター協会においては鏡を設置することが省令や条例で定められる前から標準として定められてきた経緯があります。

すでに昭和50年頃にはこの標準は定められており、東京都の条例作成にあたっては、エレベーター協会の標準が参考にされたようです。

 

エレベーター利用者のほとんどは知らない?

image1443
このようにエレベーター協会や国、地方公共団体によって推進されてきた車椅子の人のためのエレベーター内の鏡ですが、ほとんどの人にはなんのために鏡があるのかあまり知られていません。

エレベーター内に鏡がある理由について放送したバラエティ番組「ありえへん∞世界」の調査によると80%以上の人がなんのためにあるのか分かっていなかったとのことです。

 

まとめ

エレベーター内の鏡は車椅子の人がエレベーターから降りやすいように設置されたものです。

行政や協会団体が推進しているにもかかわらず、ほとんどの人が知らなかったということからまだまだ日本におけるバリアフリーの意識の低さが伺えますね。

これからは車椅子の人と一緒にエレベーターに乗る際には鏡を遮ってしまわないよう注意しましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ