おもちゃの語源ってナニ?いつ頃から使われている言葉なの?

image1454
おもちゃといえば子供の頃は誰しも手にとって遊んだ経験があるものです。

中には大人になった今でも暇を見つけてはおもちゃで遊んでいるという方もいるのではないでしょうか?

積み木や人形、サイコロ、パズル、粘土、お絵描き、折り紙、絵本・・・などなど思えば色々なおもちゃがあるものです。

ところでこのおもちゃという単語、少し変わった響きの言葉だと思いませんか?

おもちゃという単語はどのように成立したのでしょう?

語源といつ頃から使われている言葉なのかについて見ていきます。

Sponsored Link

おもちゃの語源と使われ始めた時期

image1455
おもちゃという言葉は平安時代の持て遊び(モテアソビ)が語源です。

平安時代の書物「日本書紀古訓」や「新撰字鏡」などに記述が見られます。

掌において遊ぶということから、“持て遊び”と言われていたようです。

確かにおもちゃというのはたいてい手に持って遊びますね。

おもちゃという名称が使われ出したのは室町時代ごろからのようです。

“モテアソビ”が“モチアソビ”に、そしてさらに“モチャソビ”と変化して、接頭語に「お」がつき省略され“おもちゃ”になります。

江戸時代には滑稽本「浮世風呂」にお持遊(おもちゃ)という言葉が見られ、すでに浸透していたようです。

 

教育に良いおもちゃ

image1456
おもちゃは子供が遊ぶものですが、発育や教育を促す側面もあります。

子供にとって遊びは活動そのものなのでやはり質の良い遊び道具を渡せばその分成長も早くなるでしょう。

積み木やおはじき、ボール遊びなどは心身の成長を促します。

Sponsored Link

心と体がある程度育ち、物心がついてきたらより高度なおもちゃをお子様に与えましょう。

パズルが得意なら数学的才能が、粘土やお絵描きが得意なら芸術的才能が、絵本や読書、文章を書くのが得意なら言語的才能があるのかもしれません。

おもちゃは子供の才能を発見し、伸ばすためのツールでもあります。

 

おもちゃの日

image1457
あまり知られていませんが日本にはおもちゃの日というものがあります。

日本おもちゃ協会と東京人形問屋協同組合の発案によってできた日です。

5月5日がおもちゃの日です。

“子供の日”と同じ日ですね。

おもちゃの日には少し奮発して子供のために良いおもちゃを買ってあげたいものですね。

 

まとめ

おもちゃの語源は平安時代の持て遊びからきています。

その後モチアソビ、モチャソビと変化して室町時代ごろに接頭語「お」がつけられるとともに省略されおもちゃという言葉が使われ始めました。

おもちゃは掌を使って遊ぶものと昔の人も考えていたようですね。

お子様には是非手を使って遊ぶことができるおもちゃを与えましょう。

コンピューターゲームも面白いですがやや単純な快楽に偏っています。

なるべく子供には自分の才能を伸ばせるおもちゃで遊んで欲しいですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ