【ジェルネイル】オフのやり方とは?自宅で簡単にできる方法!

image70
ネイルサロンに通っている方やセルフネイルを楽しんでいる方はたくさんいらっしゃると思いますがジェルネイルのオフはしっかりしていますか?

浮いた状態になったまま放置していると爪とジェルの間にカビが生えてしまうグリーンネイルという状態になってしまい、そうなるとしばらくネイルが出来なくなってしまいます。

また無理やり剥がしたりすると爪の層が剥がれて薄くなってしまい、こちらもまた爪が伸びるまではネイルができなくなってしまいます。

こうした状態にならないように正しいオフのやり方をきちんと覚えておきましょうね!

Sponsored Link

オフする時に必要なもの

まずはオフをする際に必要なものを紹介します。

image62

・アセトン  

・アルミホイル 

・コットン 

・ファイル

私はお弁当のアルミカップを使っています。

そしてコットンが切れてしまっているのでキッチンペーパーで代用します。

さらにウッドスティックがあるともう準備はバッチリです!

 

手順を覚えていこう!

①まずファイルでジェルネイルに傷をつけて、下にまでアセトンが染み渡るようにします(※この時、自爪まで一緒に削ってしまわないように注意します)。

image63

②コットンにアセトンをたっぷり含ませてアルミホイルを置きます。

image64

③そしてその上に指を置きます。

image65

④そして包み込むように折り込んでいきます。

image66

image67

image68

⑤この状態で15分ほど放置するとジェルが浮いてきますのでウッドスティックで取っていきましょう。

ジェルがまだ浮いていない所はもう一度アセトンをつけたコットンを巻いてから取りましょう。

無理矢理剥がすのはダメです!

Sponsored Link

 

オフの際に注意すべき点

・片手だけオフしてもう片方はその後にしましょう。

・アセトンはあまり肌につかないようにしましょう。

・長く時間を置きすぎないようにしましょう。

・オフした後はキューティクルオイルを塗って保湿を心がけましょう!

 

番外編

私はアルミホイルを使わない時もあります。

その場合は指サックをアルミホイルの代わりに使ったりしています!

image69

指サックだと洗って再利用することもできますよ!


ビギナーにもおすすめのジェルネイルキットはコチラ!


 

まとめ

アセトンでジェルが勝手に浮いてくるので、こすったりしなくてもポロポロと落ちてきます。

また最近では百円均一にもアルミホイルの代わりになるものが売っていますので一度試してみてはいかがでしょうか?


【ジェルネイル】やリ方や手順は?おすすめデザインも大公開!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ