【2045年問題】コンピューターが人類を超える?対策はあるの?

image73
急速に発展しているコンピューターですが、2045年にはコンピューターが知性を持ち人類を超えると言われています。

マトリックスのような世界観ですが、これは識者によって大まじめに議論されている問題です。

対策はあるのでしょうか?

2045年問題の概要と対策について見ていきます。

Sponsored Link

技術的特異点と2045年

複数の重要な発明の組み合わせによって加速度的にイノベーション、すなわち技術革新が起こると言われています。

これは「収穫加速の法則」と呼ばれており2045年問題もこの法則に基づいて予測されています。

具体的には人間の脳を完全にシミュレートできる「量子コンピューター」の実現と、外界の認知・学習・経験を行う「人工知能」が開発されることで知性を持ったコンピューターが開発可能になります。

現在の速度のままITが進歩すれば、2045年には知性を持ったコンピューターが誕生すると予測されています。


恩恵と脅威

知性を持ったコンピューターが生まれれば人間は寿命の限界を超えて存在できるかもしれません。

コンピューターに人間の脳の情報をインプットすれば、たとえ肉体が死を迎えてもコンピューターの中にその人の性格と記憶は残ります。

事実上、人類は永遠に生きることができるのです。

その反面コンピューターによる人間の支配が実現するかもしれません。

Sponsored Link

人間を超える人工知能が生まれれば、人間が自ら考えて社会を運営するよりもロボットに任せた方が効率が良いかもしれません。

しかしロボットには故障がつきものです。

もし制御不能になり暴走してしまえば人間よりも強いコンピューターを誰が止めるのでしょうか?

さらにコンピューターが人間よりも自分たちが上と考えて人間を支配しようと考えたり、最悪の場合、人間を必要ないものと見なし排除し始める可能性もあるのです。


対策

考えられる対策としては2通りの考え方があります。

一つ目はこれ以上コンピューターを発展させないことです。

人工知能の開発を遅らせたりいっそのこと禁止してしまえば、そもそも知性を持ったコンピューターは誕生しません。

開発が遅れている間に何か有効な手法が発見されるかもしれません。

二つ目は人類や社会自体を強化しようという考え方です。

あくまでコンピューターは人間の教育など補助的な役割を与え、考えることを人間自身がやめることなく人間によるイノベーションを模索していくということです。

ITの活用により全世界の人間が個々の学習ペースに応じて成長できるような環境を構築すれば、人間の潜在能力を限界まで引き出すことでコンピューターに対抗できるかもしれません。


まとめ

2045年問題については具体的な脅威として持ち上がっているものの、それによって起こる現象や危機と恩恵、対策は人それぞれ考え方が違います。

結局のところあらゆる危機への対策はよりよい社会や制度を作っていくこと、そして何事もほどほどにしておくということが大切なのかもしれませんね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ