【歓送迎会】司会者のあいさつ・進行の流れを学んでおこう!

image77
新しく加わった人を歓迎する歓迎会、離れる人を送るための送迎会、これらを同時に行うのが歓送迎会です。

迎える人がスムーズに入って来られるよう、また送り出される人が気持ちよくお別れできるように、司会にはあいさつでの適切な言い回しと配慮のある立ち居振る舞いが求められます。

歓送迎会での司会のあいさつ・進行の流れを学んでおきましょう。

Sponsored Link

歓送迎会の大まかな流れ

歓送迎会の大まかな流れは以下のようになります。

・開会の言葉

・最初のあいさつ

・乾杯

・会食、歓談

・新任者・新入社員のあいさつ

・花束、記念品贈呈

・出し物・余興

・会食・歓談

・締めのあいさつと手締め

・閉会の言葉

・お開き、2次会の案内

最初のあいさつは出席者のうちで一番上役の人に、乾杯の音頭は3番目くらいの役職に人に、閉会のあいさつ・手締めは2番目くらいの役職の人にお願いするのが良いでしょう。

花束は新任者に、記念品贈呈は転出者に贈ります。

Sponsored Link

出し物・余興は新任者に企画してもらってもいいですし、幹事が主催してもいいでしょう。

いずれにしても知り合いの少ない新任者の方を立ててなじみやすくすること、転出者のあいさつを後ろの方に持ってきてしんみりしても問題ないように配慮することが重要です。

 

司会者のあいさつ

司会者はあくまで黒子役ですのであいさつも型どおりの最低限のものになります。

以下が司会者のあいさつの一例になります。

・開会の言葉

「ただいまから、〜部の歓送迎会を行います。本日の司会進行をつとめさせていただきます〜と申します。よろしくお願いします。」

・最初のあいさつ

「まず初めに〜部長よりあいさつをいただきたいと思います。」

・乾杯

「〜部長ありがとうございました。それでは、乾杯の音頭を〜課長にお願いしたいと思います。皆様グラスの用意をお願いします。」

・締めのあいさつと手締め

「最後に〜課長より、締めのご挨拶をお願いいたします。」

・閉会の言葉、お開き、2次会の案内

「それではこれにて〜部の歓送迎会を終わります。皆さんそれぞれ気をつけてお帰りください。本日はありがとうございました。」

2次会がある場合は

「この後は、2次会を用意しております。参加いただける方は、幹事までお願いします。」

以上はあくまで一例になります。

規模が小さければ小さいほどざっくばらんにした方が良いでしょう。

 

まとめ

歓送迎会は歓迎と送別を同時に行う会です。

司会進行は双方のバランスに注意して、知り合いが少ない新任者を先に紹介し、しんみりさせてしまう転任者のあいさつは会の最後の方にとっておくようにしましょう。

司会の人は人間関係が円滑になるよう細心の注意を払って進行したいものです。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ