ハイヤーとタクシーの違いとは?料金がお得なのはどっち?

image149
みなさんはハイヤーとタクシーの違いをご存知ですか?

実はハイヤーはタクシーの一種なのですが料金形態やサービス内容において様々な差異があります。

ここではハイヤーとタクシーの違いについて料金や用途の点から解説していきたいと思います。

タクシーに比べて高級なイメージがあるハイヤーですが実際の所はどうなのでしょう?

Sponsored Link

料金の違い

ハイヤーがタクシーと根本的に違うのはその課金される区間です。

タクシーにおいて課金されるのは乗車から降車までの区間ですが、ハイヤーにおいてはタクシーの区間に加えて出庫してから乗車までの間と降車してから帰庫までの間も課金区間に含まれます。

このように課金区間の違いや後述の用途の違いなどからハイヤーの方がタクシーより割高になります。

 

利用形態と用途の違い

タクシーが公共輸送機関であり、道路で気軽に止めて利用できるのに対し、ハイヤーは個別輸送機関であり、事前の予約でしか利用できません。

ハイヤーの主な用途としては社用車や役員車として使われる、あるいは観光用として使われることが多いようです。

Sponsored Link

宿泊先のホテルから自宅まで、あるいは空港から自宅までといったように、途中歩く煩わしさを無くし、ドアからドアへと移動できる「ドア・ツー・ドア」のサービスや、ゴルフ場まで送迎し、終日貸切するというサービスもあります。

会社の役員や大切なVIPなどの接待の一環としてハイヤーでの送迎が使われることが多いようです。

この点からもタクシーより高級感のある送迎サービスとして位置づけられていることがうかがえます。

 

車種の違い

image148
車種もハイヤーは高級車を使われる傾向があり、車型はセダン、車格は中型、車体色は黒塗りであることが多いようです。

またタクシーのように道端でお客さんを拾う流し営業を行わないため、屋根上の行灯、タクシーメーター、窓の運賃表示はついていません。

 

まとめ

以上のようにハイヤーはタクシーよりも割高ですがその分きめ細かく高級感のあるサービスが期待できます。

会社で役員などの上役を務められている方は朝の快適な通勤に利用してみるのもいいかもしれません。

またそうでない方も普段来られない大切なお客様の送迎や、いつもと違うリッチな旅行気分を演出したい際には利用してみてもいいかと思います。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ