【ドラえもん】スネ夫の弟・スネツグが養子に出された理由とは?

国民的人気アニメ「ドラえもん」ですが、実はメインキャラクターの一人、スネ夫には弟がいることをご存知ですか?

知らない方も結構いらっしゃるかと思いますので、今回はスネ夫の弟・スネツグについてご紹介していきます!
Sponsored Link

スネ夫の弟・スネツグとは?

スネ夫の弟・スネツグの存在があまり知られていないのは、骨川家に同居していないことに起因します。

実はスネツグは、子供がいない叔父さんの養子となり、その叔父さんとともにアメリカ・ニューヨークに住んでいるのです。

このエピソードについては、コミックス40巻に収録されている『スネ夫は理想のお兄さん』という回で明らかとなります。

スネ夫といえば、家が裕福であることを鼻にかけ、その経済力を武器にジャイアンに取り入り、主人公ののび太に嫌がらせしてくる嫌な奴ですので、その弟もさぞかし嫌な奴かと思いきやその性格は素直で兄思いの実に良い奴なのです。

とはいえ、実はこのスネツグ、「ドラえもん」連載初期の頃には、まだスネ夫らと同居していたようでそのお姿を見かけることもあったのです!

連載初期のスネツグがコチラ!
いかがですか・・・、嫌な奴ですよねwww

そんなスネツグですが、『スネ夫は理想のお兄さん』では兄思いの素直な良い奴として描かれているのです。

一体何がどうしてこんなにも彼の性格を変えてしまったのでしょうか?

よっぽどニューヨークでの教育が良かったのでしょうか?

Sponsored Link

スネツグが養子に出された理由とは?

前述したようにスネツグが養子に出されたのは子供がいない叔父さんのためというのが公式の設定ですが、実はその理由は別にあったのです!

その理由とは・・・、作者の藤子・F・不二夫がスネツグの存在を忘れていたため!だったというのです。

最初の連載の方では、チョイチョイ登場していたスネツグですが、回を追う毎に出番が激減、いつしか完全にその存在自体が消滅してしまいます。

その後、スネ夫には一人っ子という設定が付け加えられたため、疑問に感じた読者からの問い合わせが相次いだらしいのです。

そうした問い合わせにより、スネツグの存在を思い出した藤子・F・不二夫はつじつま合わせのために『スネ夫は理想のお兄さん』を描いたのでした。

連載当初とこの新エピソード内でスネツグの性格が全く違うのは、単に藤子・F・不二夫が元のキャラ設定を忘れてしまっていたためというのが真相みたいですね。

 

まとめ

「ドラえもん」連載当初といえば、藤子先生は他にも多くの連載を抱え多忙を極める時期であったと思います。

そんな中でしっかりとキャラ設定しないままに物語をスタートさせてしまったのが「ドラえもん」だったのではないでしょうか?

これほどの国民的人気を誇る作品となるとは予想だにせずに描き始めたためにこういった矛盾が発生してしまったのでしょうね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“【ドラえもん】スネ夫の弟・スネツグが養子に出された理由とは?” への1件のフィードバック

  1. […] 出典: 【ドラえもん】スネ夫の弟・スネツグが養子に出された理由とは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ