【就職活動】面接官に好印象を与える髪型とは?【女性編】

image89
就職活動にあたって気になるのが髪型です。

内定をとるためには髪型も面接官に好感を持ってもらわなければなりません。

しかし可能な限りは見栄え良くおしゃれに見せたいところです。

特に女性の場合、ヘアスタイルやヘアピンなど選択肢は多いので、悩ましいところです。

実際のところどこまでなら許されるのでしょう。

女性が面接官に好印象を与える髪型について見ていきましょう。

Sponsored Link

基本的な方針

基本的に働く女性としてフォーマルな見た目を意識する必要があります。

前髪は短くするか横に流してヘアピンをとめ、額が見えるようにしましょう。

額が見えると表情がはっきりして好印象です。

サイドは耳にかからないよう気をつけましょう。

それに加えておじぎをした際に崩れないヘアスタイルにすることも重要です。

長くても後ろでポニーテールやおだんごヘアにしてまとめていれば問題ありません。

髪色についてはやはりあまりにも明るい色は避けましょう。

基本は黒髪です。

ただし黒く染めすぎると逆に不健康な印象を与えてしまうので、地毛で落ち着いた自然な茶色程度ならばそのままにしておきましょう。

Sponsored Link

髪のまとめ方

髪のまとめ方は前述の通りおじぎをした際に崩れないようにすることが重要です。

一束にまとめるのが最もオーソドックスで真面目な印象を与えます。

ハーフアップにするのも良いでしょう。

女性らしくおしゃれな髪型ですが、年配の方にも清潔感を損ねないため好印象に見えるようです。

普段から長髪にしている人はこれを機に試してみてはいかがでしょうか。

 

ヘアピン・髪留めについて

髪型を横に流したり後ろでまとめたりする際にはヘアピンや髪留めが必要不可欠になってきます。

ヘアピン・髪留めについてもフォーマルさを意識するようにしましょう。

ヘアピンの色は黒かダークブラウンで落ち着いた色にしてリクルートスーツから浮かない色にするよう心掛けましょう。

ギラギラのラメがついているものは絶対に避けてください。

ピンを止める位置は眉より外側のこめかみ近くにしましょう。

髪留めも清楚な色を選び、やたらアクセサリーなどついてるものは避けてください。

あまりにも華美なものは女性の面接官だった場合、反感を買う恐れがあります。

 

まとめ

就職活動において女性の場合、見た目はフォーマルな格好を意識しましょう。

髪型においても落ち着きがあり、嫌味にならない程度に女性らしさをアピールするようにしましょう。

なるべく美しく格好いい印象を与えたいところですが、やはりやり過ぎは禁物です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ