【就職活動】面接官に好印象を与える髪型とは?【男性編】

image90
就職活動にあたって気になるのが髪型です。

内定をとるためには髪型も面接官に好感を持ってもらわなければなりません。

しかし可能な限りは見栄え良くおしゃれに見せたいところです。

特に男性は短めに抑えなければならず今まで長髪だった人にとっては難しく感じるかもしれません。

実際のところどこまでなら許されるのでしょう。

面接官に好印象を与える髪型について見ていきましょう。

Sponsored Link

基本的な方針

就職活動における男性の見た目を作るにあたって押さえなければいけないのは2点。

すなわち「清潔感」と「爽やかすっきり」です。

ロングや茶髪はだらしなく不潔な印象を与えるので論外です。

基本的に就活生は面接官からどう見えるかを意識しなければいけません。

業界によっては許容範囲が広い場合もあります。

しかし古くから存在している日本の大企業に就職したいのなら役員クラスの年長者からの目線も意識する必要があります。

やはり年長者というものは清潔で爽やかな若者を好むものです。

これに加えて快活さもあればより印象が良いでしょう。

 

前髪

前髪は眉毛にかからない長さで、おでこを出すのが良いといわれています。

左右に流せばよりおでこが出るのでおすすめです。

爽やかで表情が見えやすいので、明るく見えて好印象を与えます。
Sponsored Link

襟足・サイド

襟足は襟にかからない長さまで切り、前から見て左右に飛び出していないかチェックしましょう。

サイドは耳にかからないようにすれば十分です。

特に襟足やサイドは長い就職活動の間、いつの間にか長くなってしまっているので、こまめにチェックして怪しくなってきたら、すぐに切るようにしましょう。

 

くせ毛

くせ毛のある人は程度によりますがやはり清潔・爽やかな印象を与えるようにセットしましょう。

余程のものでない限り、矯正までする必要はありませんが少し短めにして、軽くワックスをかけるくらいのことはしておいた方が良いかもしれません。

 

まとめ

面接官に好印象を与える髪型は爽やかで清潔感のあるものです。

特に男性の場合は長さに細心の注意を払いましょう。

あまりおしゃれはできないかもしれませんが、それでも爽やか・清潔・快活を外さなければ工夫の余地はあるかと思うので、やり過ぎない程度に頑張ってみましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ