オワハラとは?就活生は対処法をしっかりと学んでおこう!

image96
最近、就職活動生を悩ませているのが“就活終われハラスメント”、略してオワハラです。

企業からすればせっかく優秀な学生を見つけて内定を出したにもかかわらず他社にとられてしまうというのはどうにか避けたい事態です。

そこで内定が欲しい学生に対して、内定をえさに就職活動を終えるよう迫る“オワハラ”を行うようです。

しかし就活生からすればできるだけ企業選びの選択肢を残しておきたいところです。

そこで今回は、オワハラの内容とその対処法について学んでおきましょう。


【関連記事】【就職活動】面接官に好印象を与える髪型とは?【男性編】

【関連記事】【就職活動】面接官に好印象を与える髪型とは?【女性編】

Sponsored Link

その場で辞退を要求するパターン

オワハラの一つで面接中に他社選考の辞退を要求するものがあります。

手口としては、選考中に自社以外で志望中の企業とその選考状況を聞き出したうえで、「今すぐ電話で自社以外の選考中の会社を辞退すれば内定を出す」と条件を出して辞退を強要するというものです。

このように無理難題を言い出す企業はそもそも入社しない方が賢明です。

しかしどうしても内定をもらいたい場合の対処法としては電話で他企業を辞退するしかありません。

もし選考中の企業名を伝えていないのなら手段の一つとして、志望度の低い企業に電話して辞退したところを見せることで納得してもらうというのもあります。

 

遠回しに辞退を迫ってくるパターン

もう一つは他社の選考を辞退しろと直接的に命令することはありませんが、「辞退するよね?」などと言って同意を求めてくるというパターンがあります。

遠回しですが、実質的に他社辞退を強要する行為です。

本来就活生にも選ぶ権利はあるので、内定をもらったからといって他社を辞退する義理はありませんし、企業側に就活について必要以上に詮索されたり、あれこれ言われる筋合いはありません。

Sponsored Link

しかし内定をもらいたい就活生からすればそのような本音は言いづらいところです。

対処法としては方便として「就活をやめて、入社する」と言っておきましょう。

無論その後も就職活動を続けても大丈夫です。

さすがに企業の方からそれ以上監視されるようなことはないでしょう。

 

内定者向けイベントで引き留めようとするパターン

オワハラは内定後も続きます。

その一つが、内定を出した後、懇親会を開いたり、社員からの食事に誘われたりして親睦を深めることで、内定を断りづらくするという良心の呵責に訴える方法です。

企業との親睦を深めるうちに改めて入社したくなったのなら入社してもかまいませんが、そうでないならきちんと断りましょう。

対処法は断固とした態度をとることです。

 

毎日呼び出すパターン

物理的に就活生の行動を制限するオワハラもあります。

毎日、面接や面談、イベントなど何かと口実をつけて呼び出し、他社の面接を受けさせないようにするというものがそれにあたります。

ひどいところでは、大手企業が面接を解禁する4月1日〜3日の間に内定者研修を行うというものもあるようです。

対処法としてはやはり方便として大学の外せない用事や親族の外せない用事があるなどと言って欠席しましょう。

 

まとめ

内定をもらったからといってその会社に必ず入社しなければいけないわけではありませんし、企業に就活生の就職活動を制限する権利はありません。

職業選択の自由は憲法で認められた正当な権利です。

一生に一度の就職活動ですので、入社する企業はよく吟味するようにしましょう。

決してオワハラに負けて妥協してはいけません!


【関連記事】ブラックバイトの見分け方とは?困ったときはどこに相談する?

【関連記事】ブラックパートとは?主婦の方はご用心!その怖い実態を大暴露!

Sponsored Link

Pocket

      
     

“オワハラとは?就活生は対処法をしっかりと学んでおこう!” への2件のフィードバック

  1. 権兵衛 より:

    当ブログ記事の投稿の日付けが有るとありがたいです。

    • 管理人 より:

      権兵衛さま、コメントありがとうございます。

      諸々の事情により、投稿日付については非表示としております。

      ご理解いただけますと幸いでございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ