暑中見舞いと残暑見舞いの違いとは?時期やマナーをチェック!

image108
暑中見舞いや残暑見舞いは日頃なかなか会えない知人や友人、お世話になっている人やお客様に近況を報告したり、安否を確認する季節の挨拶状です。

結婚・出産・転居の報告やお中元のお礼をするのにもちょうど良い時期です。

この暑中見舞いと残暑見舞いは一件同じような響きですが実際は似て非なるものです。

暑中見舞いと残暑見舞いの違いを時期やマナーの観点から見ていきましょう。

Sponsored Link

時期の違い

暑中見舞いがいつから始まるかには諸説あります。

夏の土用すなわち立秋(8月7日)の約18日前とする説、暑中の期間の始まり、すなわち小暑である7月7日からとする説、それに加えて梅雨明け以降を条件に加えるものもあります。

そもそも暑中見舞いは夏の暑さで体調を崩していないか安否を伺うものなので梅雨明けからと考えるのが一般的です。

暑中見舞いの時期はいつからいつまで?関東と関西では違うの?

残暑見舞いは立秋を過ぎてからです。

いつまで残暑見舞いが続くかにも諸説ありますが、残暑見舞いは8月中に送るのが一般的です。

よって梅雨明けから立秋、すなわち8月7日までが暑中見舞い、立秋から8月末までが残暑見舞いと考えるのが一般的です。

 

手紙の文面における違い

暑中見舞いと残暑見舞いのマナーにおける違いは主に手紙の文面になります。

手紙を書く上での違いは主に挨拶の文と文末の日付です。

Sponsored Link

挨拶文は暑中見舞いの場合「暑中お見舞い申し上げます」となり、残暑見舞いの場合「残暑お見舞い申し上げます」となります。

文末は暑中見舞いの場合「○年 盛夏」となり、残暑見舞いの場合「○年 晩夏(もしくは立秋、葉月)」となります。

また残暑の時期には「残暑なお厳しい折」「立秋とは名ばかりの暑さ」なども、決まり事ではありませんが、時候の挨拶として多用されています。

 

その他の違い

マナーにおける違いは他にお返しの方法などがあります。

暑中見舞いや残暑見舞いをもらった際、お返しはお返しする時期によって決まります。

暑中見舞いをもらって、お返しが暑中見舞いの時期なら暑中見舞い、お返しが残暑見舞いの時期になった場合は残暑見舞いを送ります。

また暑中見舞いと残暑見舞いは両方出すようなことはせず、一方だけ出すのが一般的です。

 

まとめ

暑中見舞いと残暑見舞いは異なるものです。

混同しないようにいしてそれぞれふさわしい時期にふさわしいマナーで対応しましょう。

またここに挙げられたものはあくまで一般的なもので地域や文化によって事情は異なります。

なるべく相手の事情に合わせて対応するようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ