台風時によく聞くヘクトパスカルとは?その意味を理解しよう!

image98
台風のニュースになるとよくヘクトパスカルという単位が使用されます。

意味が分からないので、何となく聞き流している方も多いのではないでしょうか?

実際はどのような意味を持っているのでしょう。

Sponsored Link

圧力の単位

ヘクトパスカルは国際単位系に適合している圧力の単位です。

1パスカルは1平方メートルの面積に1ニュートンの力が作用しているときの圧力です。

1気圧は1013.25ヘクトパスカルになります。

以前は気圧をあらわす際、ミリバールという単位が使用されていましたが、国際単位への統一のため廃止され、代わりに使われたのがこのヘクトパスカルです。

日本においては1992年よりヘクトパスカルが使用されています。

 

台風のニュース時

台風のニュースにおいては中心気圧のヘクトパスカルが報道されます。

基本的にこの数字が低ければ低いほど台風の勢いが強くなると言われています。

中心気圧が低ければ、周りから大気が勢いよく流れ込むことになり、この勢いが風の強さになります。

ちなみに日本周辺の平均気圧は1013ヘクトパスカルとなっています。

 

ヘクトパスカルと台風の強さ

中心気圧のヘクトパスカルが低いからといって台風が強いとは限りません。

前述のように周りから中心に流れ込んでくる大気の勢いによって台風の勢いが決まります。

Sponsored Link

つまり台風の勢いを決めるのは周りと中心気圧の落差です。

また台風は発達したり衰えたりします。

海上にて発生したときに中心気圧のヘクトパスカルが低くても、日本列島上陸時に衰えていて中心気圧が高くなっていれば、台風の勢いも弱くなっています。

 

ヘクトパスカルの目安

1951年の統計開始以来、上陸時において最もヘクトパスカルが低かったのは、1961年の第2室戸台風で925ヘクトパスカルを記録しています。

これはそれまで戦後最大の勢力だった1959年の伊勢湾台風を上回るものでしたが、死者数は200人となり、伊勢湾台風のそれを大きく下回ることになりました。

伊勢湾台風では上陸時929ヘクトパスカルで、およそ5000人の死者を出すことになりました。

第2室戸台風において勢力が最大にもかかわらず死者数が激減したのは、伊勢湾台風の教訓を生かして市民が迅速適切な行動をとることができたことによります。

 

まとめ

基本的にヘクトパスカルが低ければ低いほど台風の勢力が強いと覚えておきましょう。

しかしここにて記載した事項はあくまで目安です。

実際に台風が来たときは参考にする程度にして、決して素人考えで判断したりせずニュースなどを見て、専門家の意見に従い対策をとりましょう。

日本に住む限り、避けて通れないのが台風とのつきあいです。

いざとなったときに慌てなくて済むように普段から備えておきたいものです。


【関連記事】

【台風・ハリケーン・サイクロン】それぞれの違いは何?

「台風〇〇号は温帯低気圧に変わりました」ってどういう意味?

【台風の進路の謎】なぜ急カーブを描いて日本に向かってくるのか?

台風一過とは?どういった使い方が正しいの?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ