夏型過敏性肺炎の原因はエアコン?その対策と治療方法をチェック!

image124
もし夏に咳が止まらなくなったり、発熱したらそれは夏型過敏性肺炎かもしれません。

この風邪によく似た症状を引き起こす夏型過敏性肺炎ですが、その原因は病原菌や不摂生ではなく主にエアコンにあるようです。

一体どういう病気なのでしょうか?

対策と治療法をチェックしましょう。

Sponsored Link

夏型過敏性肺炎の原因

image125
夏型過敏性肺炎の症状は風邪を引いたときの症状と同様で、発熱・咳・痰・頭痛などの症状が現れます。

しかし実際には菌などが原因ではないので他人に移ることもありません。

夏型過敏性肺炎は一種のアレルギーで、有機物にさらされることで過敏に反応してしまうために発症する症状です。

なぜ夏にかかるのかというと日本の夏、じめじめする時期に大量に発生する有機物に原因があります。

そう、カビです。

夏はカーペットの中、畳の裏、天井裏、排水溝、お風呂場、押し入れ、といった場所で目に見えないカビが大量に発生しています。

そしてこのような場所の中でも最もカビが溜まりやすい場所がエアコンの中なのです。

エアコンを起動することで、冷たい空気とともに送り出されたカビを室内にいる人が吸引してしまい、夏型過敏性肺炎を引き起こしてしまいます。

Sponsored Link

夏型過敏性肺炎の対策と治療方法

もしカビを吸い過ぎて夏型過敏性肺炎の症状が慢性的になれば、夏を過ぎてカビがなくなっても常に症状が出続けることになり、ひどい場合、肺が二度と健康な状態に戻らなくなってしまうこともあります。

そうなる前に対策をとりましょう。

夏型過敏性肺炎の対策と治療はとにもかくにもカビを排除することです。

カビの生えやすい場所、エアコン、浴室、洗面所、台所など湿気の溜まりやすい場所を重点的に掃除しましょう。

換気をこまめにするようにして湿度を60パーセントに保てばカビの発生を大分抑制することができます。

またシーツはこまめに洗濯し、布団などはしっかり干すようにしましょう。

プラズマクラスターを発生させる空気清浄機を部屋に設置するのもおすすめの対処法です。

【送料無料】【あす楽】 シャープ プラズマクラスター加湿空気清浄機 KC-D50-W ホワイト系

 

まとめ

夏型過敏性肺炎の原因は大量に発生するカビです。

カビを増やさないように普段から換気や水場の掃除をこまめに行いましょう。

カビが発生してしまうとなかなか除去できず、最悪の場合は引っ越しを余儀なくされます。

そうなる前に早めの対策を取るようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ