【仙台七夕花火祭】2015年の日程・場所・見どころをチェック!

image128
仙台七夕花火祭は仙台七夕祭の前夜祭として行われる花火大会です。

前夜祭ですが1万6千発の花火が打ち上げられる都市部では最大級の花火大会と言われています。

2015年の仙台七夕花火祭の日程・場所・見どころをチェックしましょう。

Sponsored Link

仙台七夕花火祭の日程とチケット販売日

仙台七夕まつりが毎年8月6日から開催されるので、前夜祭である仙台七夕花火祭は毎年8月5日に開催です。

2015年も同様です。

花火大会の開催時間は19時〜20時となっており、小雨決行ですが荒天の場合は8月9日に順延されます。

当日天気が怪しければ、ホームページをチェックするか、主催の公益社団法人仙台青年会議所に問い合わせましょう。

有料観覧席のチケットは昨年は7月8日から販売されました。

有料席での観覧を検討している方は、日にちが近づいてきたらこまめに情報をチェックするようにしましょう。

 

仙台七夕花火祭の場所と穴場スポット

花火の打ち上げ場所ですが久しぶりに行く方は場所が変わっているので注意が必要です。

以前は広瀬川河川敷の「西公園」でしたが、2014年からは「東北大学・川内南キャンパス」に変更されています。

有料観覧席は仲の瀬橋に設置されます。

無料の穴場スポットとしては青葉城址、仙台市草園近辺、広瀬通などがおすすめです。

 

仙台七夕花火祭の見どころ

image129
仙台は社の都と呼ばれるほど緑豊かな都市です。

それが仙台七夕花火祭において都市部における最大級の花火大会が実現できる秘訣です。

花火を観覧するついでに街中で遊ぶことができるので、デートコースにするのも良いかもしれません。

また七夕まつりの前夜祭であるため、商店街では七夕飾りが多数展示されています。

七夕の飾りを見て回ったり出店を物色してみるのも一興でしょう。

このように花火大会に付随する様々な特典があることがこのお祭りの魅力です。

 

まとめ

仙台七夕花火祭はもともと七夕まつりの前夜祭として、成立したものですので、花火大会を目当てにしている方も七夕まつりも楽しめるお得な構成です。

また都市部で行われていることも特徴で街中の様々な場所で観覧することができます。

指定のスポットにこだわることなく自分のベストスポットを探してみるのも楽しいかもしれません。

image521

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ