【さとり世代】ゆとりの次はさとり?その年齢層と特徴を探る!

image137
ゆとり世代と関連性が深いと言われるのがさとり世代です。

2013年の新語・流行語大賞にもノミネートされた用語ですが一体どのような世代なのでしょうか?

さとり世代の年齢層とその特徴を見ていきましょう。

Sponsored Link

さとり世代とは?

image138
さとり世代とは現実を悟っているかのような態度をとる最近の若者気質を示す言葉です。

若者とは本来、夢や理想を持っているものですが、最近は現実を悟り、既にあきらめがついているかのような態度をとっている人も多くいます。

また、ゆとり世代という言葉は差別用語であるため、代替的にさとり世代という言葉を使っている人もいるようです。

 

さとり世代の年齢層と特徴

年齢層としてはおおむね1990年代に生まれた層で、ほぼゆとり世代と重複しています。

特徴としては主に、欲がないことと人間関係に非常にドライな態度が見受けられることです。

主な傾向として、

・恋愛に興味がなく彼女や彼氏を作らない

・無駄遣いをせずに休日もやたらと旅行や外出をせず自宅で過ごす

・気の合わない人と無理に付き合わない

以上のような特徴が挙げられます。

さとり世代は慎重で合理的な行動を心がけ、無駄な努力や衝突は決してせずに、大きな夢を持ったり高望みしたりすることはありません。

Sponsored Link

 

さとり世代が生まれた原因

さとり世代が生まれた原因として、バブル崩壊後の不況とインターネットの普及が挙げられます。

バブル崩壊後は常に不況が続き、それ以降に生まれた子供たちは好景気を知りません。

さらにインターネットの普及により簡単に情報を知るすべを持っているため、夢を見る前にドライな現実に直面してしまいます。

 

さとり世代の実態と意識

実際に90年代生まれの現在20代の若者の平均給与は年々減少傾向にあり、それにあわせて消費もおとなしくなっているようです。

しかし実際に意識調査してみると意外にも本人たちの間でさとり世代という言葉の認知度は低く、またその世代の若者たちは決して自分たちが消費や浪費をしていないという意識はないようです。

むしろ海外旅行にも興味があり、人並みに消費への意欲はあることがうかがえます。

実際にはお金があれば使いたいけれどもお金がなくて仕方なく消費を抑えているのでしょうか?

 

まとめ

若者に夢や理想がなく、体力旺盛な時期に恋愛や消費に控えめなのは、何とも悲しい現実です。

しかし、さとり世代の若者たちも決して興味がないわけではなく現実的な問題から仕方なく我慢している側面があります。

時代の流れとして、さとり世代の行動はむしろ自然な現象なのかもしれませんね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ