大阪都構想とは?実現した場合のメリットとデメリットは?


橋下徹氏が政界に登場して以来、政策として掲げているのが大阪都構想です。

大阪の行政制度を一変させる構想のようですがどのような構想なのでしょう?

実現した場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。
Sponsored Link

大阪都構想とは?

image187
大阪都構想とは大阪市を5つの特別区に分割し、大阪市を大阪都の下に置くという構想です。

現在、大阪市には強大な権限と財源が集中しているため、大阪市長は大阪府知事と同等の存在となっています。

そのためた、びたび大阪市と大阪府が対立する二重行政の問題が指摘されてきました。

実際、大阪府知事と大阪市長は事ある毎に対立し、政策の進行を遅滞させています。

大阪都構想が実現されれば、大阪市は消滅し、大阪都の下に置かれるので二重行政の解消が期待できます。

 

メリット

大阪都構想が実現されれば、大阪市長と大阪府知事の対立がなくなり、大阪都知事に権限が集中します。

大阪都知事は一元化された権限の下、広域行政において長期的な経済成長戦略を実行することができるでしょう。

二重行政が解消されれば、財政の健全化や住民サービスの迅速化も期待できます。

大阪が発展すれば、日本全体の問題でもある東京一極集中の問題も解消されるかもしれません。

実際に大阪都構想が実現されれば大阪の国際エンターテイメント都市化、大阪万博の実施、カジノ誘致などの政策が実行可能だと、橋下氏は考えているようです。

確かにこれらの政策が実行されれば大阪は潤うことになるかもしれません。

Sponsored Link

 

デメリット

デメリットとしては都構想実現の過程で莫大な費用がかかるというものです。

都構想が実現されれば、住所の変更や行政手続きの変更など様々なことを変更する必要があります。

当然それらを変更するのは人間なので人件費がかかることでしょう。

都構想を推進する立場の人は二重行政の解消により支出節約ができると主張していますが、反対派の人は節約効果も限定的なものだと批判しています。

また大阪市を5つの特別区に分ければ、また新たに議会や教育委員会などを設置し、議員の数が増えることになるので、新たな費用や負担がかかるという人もいるようです。

都構想を実現しなくとも大阪府と大阪市が連携することにより大阪の改革は可能だという意見もあります。

 

まとめ

大阪都構想は、大阪市を5つに分けることで大阪市長と大阪府知事の対立および二重行政を解消するという構想です。

メリットとしては大阪都知事に権限が一元化されるので、広域行政において長期的な戦略に基づいた成長戦略をとることが可能になります。

デメリットとしては都構想への移行に莫大な費用がかかることです。

個人的には現状のままでも大阪の改革をする余地はあると思いますが、二重行政の解消はいずれ取り組まなければならない課題なので、都構想による解決を期待しています。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ