【諏訪湖祭湖上花火大会】2015年の日程・場所・見どころは?

image197
諏訪湖祭湖上花火大会は長野県諏訪市の諏訪湖において開催される花火大会で、打ち上げ総数約4万発、来場者数は約50万人の全国でも屈指の花火大会です。

諏訪湖祭湖上花火大会に興味がある人は2015年の日程・場所・見どころをチェックしましょう!

Sponsored Link

諏訪湖祭湖上花火大会の日程

image198
諏訪湖花火大会は例年8月15日に開催されるので2015年も8月15日土曜日に開催される見込みです。

打ち上げ開始時間は午後7時からです。

雨天決行ですが荒天の場合は中止されますので天候が怪しいと感じたらホームページをチェックするか、運営本部に問い合わせてみましょう。

諏訪湖祭湖上花火大会のHPはコチラ

有料席のチケット販売は7月31日から諏訪市文化センターにて直接販売されます。

また8月1日からローソンで委託販売されるものや、当日販売される分もあります。

 

諏訪湖祭湖上花火大会の場所

打ち上げ場所は諏訪市湖畔前・諏訪湖上になります。

有料観覧席は石彫公園・湖畔公園と旧東バル跡地自由席などがあります。

その他の観覧スポットとしては、

SUWAガラスの里周辺

立石公園

ホテル虹や屋上

間欠泉センター

高ボッチ高原

などがおすすめです。

Sponsored Link

諏訪湖祭湖上花火大会の見どころ

諏訪湖祭湖上花火大会の見どころは諏訪湖の地形を存分に利用したダイナミックな演出と2部構成の異なる趣で楽しむことができるプログラムです。

諏訪湖祭湖上花火大会においてはスターマイン、大ナイアガラ、水上花火などが打ち上げられますが、それらは湖上の岸から安全距離を確保した位置に発射台が設置されます。

10号玉は初島から打ち上げられますがこれは人工島であり、前述と発射台と人工島によって会場からはワイドに観覧することができ、ダイナミックに演出された花火を楽しむことができます。

音響効果も絶大で、山に周囲を囲まれた地形のため花火の破裂音が響き渡ることで臨場感を高めてくれます。

プログラムは第1部の競技花火において長野県内5,県外5の合計10の花火師が参加し、早撃ちや花火の美しさを競い合います。

第2部においては大規模なスターマインによって構成され、諏訪湖祭湖上花火大会の象徴でもある水上花火やフィナーレの大ナイアガラ瀑布が見られます。

 

まとめ

諏訪湖祭湖上花火大会は合計4万発という国内最大の打ち上げ数を誇る花火大会です。

その内容も競技花火と大規模なスターマインの2部構成となっており、バリエーション豊でかつヴォリューム満点です。

諏訪湖の地形を残分に生かしダイナミックな演出を実現する諏訪湖祭湖上花火大会を一度観覧してみてはいかがでしょうか。

image521

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ