【家庭訪問】お茶菓子は出す?それとも持ち帰り用を用意するべき?

image200
家庭訪問の時期が近づいてきました。

初めて先生をお迎えするという保護者の方も多いのではないでしょうか?

気になるのがおもてなしのしかたです。

最近では家庭訪問の際、お茶やお茶菓子を出すのを禁止している学校が多いようです。

しかし、お茶菓子は人を家に招くときの基本だし、せっかく家庭まで出向かれる先生に悪いということで、禁止する旨のプリントを配布されてもお茶やお茶菓子を出しているご家庭も多いようです。

禁止されているのに無理に出す必要はありませんが、出す場合はなるべく先生に喜んでいただきたいものです。

家庭訪問のお茶菓子や服装をどうするべきか見ていきましょう。

Sponsored Link

先生に喜ばれるお茶菓子

image201
多くの先生は、お茶菓子を食べるよりも短い家庭訪問の間に、できるだけ保護者と生徒のことについて話したいと考えておられるようです。

そのためその場で食べる生菓子のようなものよりも、持ち帰ってもらえる個包装のお菓子を出すのが良いでしょう。

Sponsored Link

気遣いとして先生が女性の場合はクッキーやマドレーヌなどの甘いものを、先生が男性の場合はおかきや最中など甘さ控えめのものを出せば喜ばれるでしょう。

意外と喜ばれるのが栄養ドリンクです。

やはり先生も一日に何軒も訪問してお疲れなのでしょう。

 

お迎えする際の服装は?

先生をお迎えするときの服装については、そこまでかしこまる必要はありません。

家庭訪問に訪れる先生は生徒の家庭での様子が知りたいのです。

そのため服装については普段通りの格好で問題ありません。

リビングや食卓にお通しして普段の家庭の様子を先生に見ていただきましょう。

 

まとめ

お茶菓子を出す場合でもやはり一番大事なのは先生に喜んでいただくことです。

また家庭訪問の本来の目的は子供の学校と家庭での様子について、学校と保護者の間で情報交換することです。

そのため、お茶菓子はその場で食べるものよりも持ち帰っていただけるものの方が喜ばれます。

子供の学校での様子について知ることができる絶好の機会ですので、それを踏まえて、お話に支障が出ないように先生をおもてなししましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ