AO入試って何?普通の推薦入試とは違うの?

image204
アドミッションズ・オフィス入試、通称AO入試というものがあります。

通常の学科試験とは異なり、面接などを受けるようですが、推薦入試とは違うのでしょうか?

受験生や受験を控えたお子様がいる親御さんは気になるところでしょう。

AO入試の内容と推薦入試との違いについて見ていきます。

Sponsored Link

AO入試とは?

AO入試の正式名称である、アドミッションズ・オフィス入試のアドミッション・オフィスとは入学管理局を意味します。

この試験では学科試験よりもアドミッションポリシー、すなわち人物像を重視し、出願者が学校側の求める人物像に近いかどうかが合否を決めます。

この試験形式を初めて採用したのは慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスです。

AO入試では、出願者の人物像を見るために、一般入試よりも志望理由書、面接、小論文などが重視され、出願者の個性や適性を多面的に評価します。

この試験の名称は様々あり、大学により自己推薦入試、公募推薦入試、一芸入試などありますが、これらは全てAO入試と同様の試験です。

また大学によってはAO入試でも学力試験を受けなければならない場合があり、最低限の学力の確保としてセンター試験や大学独自の試験を課しているところもあります。

Sponsored Link

 

推薦入試との違い

image203
AO入試と推薦入試の違いは高校からの推薦が必要かどうかです。

AO入試の場合、自己推薦入試という別名があるように、高校からの推薦を必要としません。

一方で推薦入試は高校からの推薦がなければ受験することはできません。

要するに推薦入試では高校の推薦が必要なので、高校で一定の成績が必要になってきますが、AO入試は極端に言えば高校の成績が悪くても受験することができます。

推薦入試では高校でどれだけ頑張ったかが見られるのに対して、AO入試ではこれから大学に入り伸びそうな人物かどうかが評価されるのです。

そのため推薦入試よりも面接回数が多く、長い時間をかけてじっくり選考する傾向があります。

 

まとめ

AO入試は大学の求める人物像と合致しているかどうかを審査する試験です。

推薦入試との違いは高校の評価を重視しないことで、大学に入った後に伸びる人材であるかどうかが見られます。

たとえ高校で成績が悪かったとしてもAO入試によって大学が適正を認めれば、学科試験ではとうてい入学できない大学にも入学できるかもしれません。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“AO入試って何?普通の推薦入試とは違うの?” への1件のフィードバック

  1. […]   ○AO入試って何?普通の推薦入試とは違うの?   […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ