引っ越しの挨拶に最適な品物とは?【アパート編】

image215
引っ越しした後、一番最初にすることが引っ越しの挨拶です。

ご近所づきあいで失敗すればすぐに住みづらくなってしまいます。

しかし引っ越しの挨拶に成功すれば、それをきっかけにつきあいが進展し、すぐに溶け込めるかもしれません。

そういうわけで引っ越しの挨拶はそつなくこなしたいところです。

引っ越しの挨拶、それもアパートに引っ越してきた場合、近所の人に贈る最適な品物は何なのでしょうか?

見ていきましょう。

Sponsored Link

引っ越しの挨拶の意味

image214
引っ越しの挨拶は基本的なマナーです。

これから何かとつきあいをしていく中で隣近所には迷惑をかけることもあるかもしれません。

特にアパートに住む場合は集合住宅ですので、うるさくしてしまう可能性がある場合など事前に顔見知りであれば、伝えやすくなります。

しかし、顔見知りでなければ、どうしても迷惑をかけてしまうときなどに、自然と連絡を尻込みするようになりお互い避けるようになってしまうかもしれません。

そのうち大きなトラブルに発展するということもありえます。

そのようなことのないように、引っ越しの挨拶をして、早い段階で顔見知りになっておきましょう。

 

挨拶の際に贈る品物

image217
引っ越しの挨拶の品物としては基本的に差し障りのないもので、かつ相手にあまり気負わせることのない安価なものが良いと思われます。

引っ越しの挨拶にはお返しする必要のない500円から1000円程度のものが良いといわれています。

アパートが単身者向けのものであればQUOカード、商品券あるいは個包装のお菓子などが喜ばれます。

ただしお菓子の場合は賞味期限には気をつけましょう。

相手がお年寄りだった場合や一人暮らしだった場合は、賞味期限が短いものを贈っては、逆に迷惑をかけてしまうかもしれません。

Sponsored Link

もし相手がファミリー世帯だった場合は、毎日使用する消耗品が最も無難です。

その中でも一般的で無難なのが洗濯洗剤、台所洗剤などです。

一昔前はタオルや石けんを渡すのが主流だったようですが、最近では避ける傾向にあります。

タオルは意外ともらう場面が多いので、これ以上もらっても困るという家庭も多いようです。

石けんについても、最近は固定石けんよりもポンプ式の石けんを使っている家庭が多くなっており、贈答するものとしては不適切です。

意外と人気があるのは台所用ふきん、地域限定のゴミ袋、サランラップ、アルミホイルなどです。

これらは入り用でありながら、もらう機会があまりないので、ファミリー世帯の奥さんに贈れば喜ばれるでしょう。

また、もし管理人さんや大家さんにお世話になることが多いと判断すれば、地元の名産品などを贈るのがおすすめです。

 

その他の注意点

image216
挨拶に行く範囲としては、アパートマンションなどの集合住宅の場合、両隣と上下の世帯に挨拶に行きましょう。

挨拶のタイミングは引っ越しの翌日までに、可能なら当日のうちに済ませておきましょう。

 

まとめ

最近では引っ越しの挨拶をしない場合も増えているようですが、やはりご近所には何かとお世話になることがあります。

特にアパートの場合、どうしても音などの問題で迷惑をかけてしまうことがあります。

無理に親密になる必要はありませんが、近所づきあいで軋轢を生まないよう、最低限のマナーとして挨拶に伺うようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ