引っ越しの挨拶に最適な品物とは?【新築一戸建て編】

image220
引っ越しの挨拶はご近所づきあいの最初の一歩です。

そこで良い印象を与えられれば、円滑なおつきあいが約束されたも同然ですが、怠れば最悪の場合、近所で孤立する憂き目に遭います。

特に新築一戸建ての場合は末永くおつきあいすることもあるので、最初の挨拶でで躓きたくないところです。

引っ越しの挨拶、それも新築一戸建ての場合、贈り物として最適な品物は何なのでしょうか?

見ていきましょう。

Sponsored Link

引越の挨拶に最適な品物とは?

image217
引っ越しの挨拶でおすすめの品物は洗剤やタオル、ラップ、ジップロック、地域指定のゴミ袋、石けん、洗剤、乾麺、お茶、ティッシュペーパーなどです。

特に新築戸建ての場合、周りもファミリー世帯が多いと思われるのでいくらあっても足りない消耗品を贈ると喜ばれます。

ただしタオルは意外ともらう場面も多いので、かえって迷惑になることもあります。

石けんも最近はポンプ式のものが増えていて贈答品向けではない場合もあります。

洗剤についても合成洗剤や環境にいい洗剤など家庭によってこだわる人もいますので難しいかもしれません。

そういう場合はラップやジップロック、地域指定のゴミ袋、少し高めのティッシュペーパなどが喜ばれます。

Sponsored Link

ただし古くからのしきたりを大事にするという家庭もありますので、そういう場合はタオルや石けん、乾麺など古くからよく贈られるものが良いでしょう。

いずれにしてもケースバイケースなので相手の立場になって臨機応変に選びましょう。

値段としては相手がお返しをしなくても済む500円から1000円程度のものが良いといわれています。

 

その他の注意点

image219
新築の場合は、工事中の音や振動などでご近所さんに迷惑をかけてしまうこともあるので、施工前に一度挨拶に行くようにしましょう。

そのあとで引っ越し当日にまた改めて挨拶に行くことになります。

挨拶は遅くとも引っ越し翌日までには済ませておきたいところです。

挨拶の範囲は、最低限、向こう三軒両隣と真後ろの家を、余裕があれば可能な限り挨拶に回りましょう。

挨拶に来られて迷惑に感じる人はあまりいないので、最低限の挨拶を済ませた後は、自分の負担しても良いと思う範囲に応じて挨拶していきましょう。

挨拶に行く時間帯は明るくて、顔を覚えやすい10時〜18時が良いと言われています。

食事の時間は避けるようにしましょう。

挨拶品の品には白赤の蝶結びの水引の熨斗をつけて、表書きには「御挨拶」と入れて、下に自身の苗字を書きましょう。

苗字を添えることで相手に早く名前を覚えてもらえるでしょう。

 

まとめ

新築一戸建ての場合、周りもファミリー世帯であることが多いので、引っ越しの挨拶の品には、消耗品を贈るのが良いでしょう。

消耗品の中で何を選ぶかはケースバイケースで相手の立場になって選ぶことが大切です。

末永くおつきあいする可能性もあるので失敗のないように挨拶したいものですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ