お盆とお彼岸の違いとは?それぞれの時期や期間を覚えておこう!

image222
お盆やお彼岸はご先祖様をまつる重要な行事です。

お盆の時期になると地元では毎年、郷土色豊かな行事が行われるという人も多いのではないでしょうか?

お彼岸にはお寺で法要が行われ、家庭ではお墓参りをしています。

そんなお盆やお彼岸ですが、実際のところ二つの違いがよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、お盆とお彼岸の違いについてみていきたいと思います!

Sponsored Link

時期と期間の違い

image223
お盆は通常、7月13日から盆の入り「迎え火」として始まり、15日が「盆」、16日が「送り火」となっています。

もともとは旧暦の7月15日に行われていた行事であったことから、地域によっては旧暦を新暦に当てはめて8月15日を「お盆」としています。

お彼岸は春分の日、秋分の日からその前後3日間を合わせ、合計7日間になります。

例年、春分の日は3月21日頃、秋分の日は9月23日頃にあります。

2015年は、春彼岸が3月18日〜3月24日にあり、秋彼岸が9月20日〜9月26日となっています。

 

宗教的な意味での違い

お盆は実は日本において仏教が伝来する以前、神道においてそれにあたる神事があったようです。

お盆はご先祖様をまつる行事ですが、神道もご先祖様を信仰します。

そういった経緯から当初は神仏習合の行事でしたが、徐々に仏教色が強くなり、現在では仏教の行事として定着しています。

Sponsored Link

お盆の由来は釈迦の弟子・目蓮が、釈迦の教えに従って、7月15日に亡くなった母の供養を行ったという故事からきています。

餓鬼道に落ちて苦しんでいた目蓮の母は、目蓮がお盆に供養することで救われました。

このことから仏教では7月15日に先祖の供養をするようになったようです。

一方のお彼岸ですが、彼岸というのは「向こう岸」を指す仏教用語で、いわゆる極楽浄土のことです。

仏教において極楽浄土は、西方十万億土の彼方にあると考えられています。

そのため太陽が真西に沈む春分・秋分の時期にお彼岸の法要が盛んに営まれるのです。

西方がはっきり分かるこの時期に極楽浄土のご先祖様をまつるということでしょう。

 

まとめ

お盆は7月13日から7月16日までで、地域によっては8月15日前後です。

お彼岸は春分秋分の前後3日間になります。

それぞれの期間の違いを頭に入れた上で、仏教上の意味も併せて覚えておきたいものですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ