七夕祭りの由来とは?行事食はそうめんなの?

image226
七夕祭りは7月7日、短冊に願いを書いて笹に吊す恒例の行事ですが、その由来はどのようなものなのでしょうか?

また行事食としてはそうめんで合っているのかも知りたいところです。

七夕祭りの由来と行事食について見ていきましょう。

Sponsored Link

七夕祭りの由来

image225
七夕祭りの由来については多くの説がありますが、一般的に「棚機(たなばた)」、「おりひめひこぼし伝説」、「乞巧奠(きこうでん)」の三つの行事が合わさったものと言われています。

「棚機(たなばた)」とは本来は日本の神事であり、選ばれた乙女が神様に着物を織って棚に備え、秋の豊作を祈る行事でした。

仏教が伝わるとお盆を迎える行事としての意味合いが強くなり、7月7日の夜に行われるようになりました。

七夕を「たなばた」という風に読んでいるのもここから来ていると言われています。

「おりひめひこぼし伝説」は周知の通り、一年に一度、7月7日に琴座のベガと鷲座のアルタイルが天の川を挟んで光り輝いているのを、おりひめとひこぼしという男女の巡り会いになぞらえた中国の言い伝えです。

「乞巧奠(きこうでん)」も中国の行事で。7月7日、織り姫にあやかって中国では機織りや裁縫が上達することをお祈りします。

これらの行事が合わさることで七夕となったと言われています。

Sponsored Link

日本において短冊に願い事を書くようになったのは、江戸時代になってからです。

江戸時代には庶民の間に七夕が親しまれるようになり、習い事の上達を願って短冊に書くという風習が生まれました。

現代にはおりひめひこぼしの伝説が加わり、待ちに待った二人が再会するように、自分の願いごとが叶うよう祈る行事となりました。

 

七夕祭りの行事食

image224
そうめんは現代では夏の定番食ですが元々は七夕祭りの行事食です。

これは中国の故事に由来があり、7月7日に亡くなって鬼となった皇帝の子供による祟りを鎮めるために、「索餅」という米の粉を練って縄の形にしたお菓子を供える風習から来ています。

日本に伝わった当初は、中国と同じように「索餅」と同じ材料で作ったものを7月7日に食べていましたが、次第にそうめんに変化するようになったのです。

食べるものが変わったからと言って日本人がこの風習を完全に忘れてしまったというわけではなく、今でもこの故事にちなんでそうめんのことを「鬼の腸」と呼んでいます。

 

まとめ

七夕祭りの由来は「棚機(たなばた)」、「織り姫彦星伝説」、「乞巧奠(きこうでん)」が合わさってできたものと言われています。

行事食としてそうめんが食べられるようになったのも中国の故事に由来があるようです。

様々な行事や風習が合わさり付け加えられることで現在の七夕となったことが分かります。

七夕は歴史ある由緒正しい行事ですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ