プロデューサーとディレクターの違いとは?どっちが偉い?


プロデューサーやディレクターは映画やテレビ番組において必須の役職です。

しかし両者の役割の違いや上下関係についてはいまいち理解できていない方も多いのではないでしょうか?

プロデューサーとディレクターの違い、どちらが偉いかについてみていきましょう。
Sponsored Link

プロデューサーとディレクターの違い

image228
プロデューサーとディレクターの違いはざっくり分けるとデスクワークと現場の仕事の違いです。

プロデューサーの仕事は企画立案から予算管理・スケジュール管理・作品のクオリティー管理など制作全般の運営・管理を行います。

出演者のキャスティングやギャラの交渉・制作スタッフの割り振りなど人員の配置もプロデューサーの仕事です。

そのため資質としては管理能力や人脈の広さが求められます。

一方でディレクターの仕事は現場において実際の制作を担当することです。

番組や作品の演出を考えるので資質として発想の豊かさが求められます。

またスタッフに対して指示を出さなければならないので指示の的確さも求められます。

ディレクターが企画を考えることもありますが、やはり最終的に企画を通すのはプロデューサーで、会社から通した企画の本数が評価されるのもプロデューサーです。

Sponsored Link

 

どちらが偉いのか?

image227
一般的にはプロデューサーの方が上司であると言われています。

まずプロデューサーは番組や作品の制作における全ての責任を負っています。

例えば現場や放送において何か問題が発生すればプロデューサーが解決する責任を負うことになります。

また予算管理やスケジュール管理もプロデューサーの仕事なので、制作現場においてコストやスケジュールに問題が発生した場合、ディレクションにも口を出すことになります。

人員を配置するのもプロデューサの役割なので基本的にディレクターはプロデューサーの用意した人員を元に制作するしかありません。

ディレクターが人員についてプロデューサーに要求する場合もあるかもしれませんが、プロデューサーがそれを却下すればディレクターはプロデューサーの考えに従うほかありません。

 

まとめ

プロデューサーはデスクワークと対外的な交渉をまとめるのが仕事で、ディレクターは現場の制作を担当するのが仕事です。

制作におけるコストと人事を掌握しているのはプロデューサーなので、プロデューサーがディレクターの上司と考えるのが自然です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“プロデューサーとディレクターの違いとは?どっちが偉い?” への2件のフィードバック

  1. すーさん より:

    そうでしたか(^-^)/今まで疑問に思ってましたプロデューサーとデレクターの違いが分かりスッキリしました。ありがとうございました。

  2. […] います。 出典:http://www.newstaffpro.com プロデューサーやディレクターは映画やテレビ番組において必須の役職です。 [引用元] プロデューサーとディレクターの違いとは?どっちが偉い? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ