【ペルセウス座流星群】2015年はいつ?どちらの方角に見える?

image232
ペルセウス座流星群は夏の夜空に現れる流星群です。

ペルセウス座y星周辺を放射点として出現し、多いときは1時間に数十個もの流れ星を観測することができます。

三大流星群の一つですが、真冬に現れる「しぶんぎ座流星群」と「ふたご座流星群」と違って寒さに凍えながら観測することもないので、気軽に観測できるおすすめの流星群です。

そんなペルセウス座流星群ですが2015年はいつ、どちらの方角に見えるのでしょう?

Sponsored Link

ペルセウス座流星群が見える時期と方角

ペルセウス座流星群は例年8月12日〜13日を中心に出現率が高くなると言われています。

この日を挟んだ数日間によく見られるので、この時期に星が見えやすい場所に行けるように予定を調整しておきましょう。

2015年は特に8月13日から14日にかけてが見頃と言われています。

時間帯としては当然夜が適していますが、2015年の極大時刻は15時です。

昼間にピークが来るので今年はベストな観測条件ではありませんが、13日の夜から14日の未明にかけてが見頃です。

Sponsored Link

夜に極大時刻が来れば一時間に50〜60個ほどの流星を見ることができますが、真昼に極大時刻が来る今年でも1時間に10〜20個の流星群は見られそうです。

都会のネオンの中でも1時間に1個は見ることができるかもしれません。

見える方角についてですが、流星はどこにでも現れるので特に適した方角というのはないようです。

あえて方角を決めるとすればペルセウス座y星周辺の放射点が見える北東の空を見るのが良いでしょう。

 

ペルセウス座流星群観測のポイント

image231
観測のポイントとしては、

・空が暗く見える場所に行くこと

・視界が広く開けている場所に行くこと

・月明かりの影響が少ない方角を観測すること

・寝転がってみること

以上のようなポイントが挙げられます。

また夏とはいえ夜は冷え込むことがありますので、寒さ対策は忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ペルセウス座流星群は数ある流星群の中でも最も美しい流星群です。

今年は8月13日から14日にかけて現れるので、観測したい人は、その時間帯に都会のネオンから離れ、空を見上げられるようにしましょう。

方角としては月の明るさを避けつつ北東中心に観測するのがおすすめです。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ